サイト名を決めるときのポイント

サイト名にはメインのターゲツトキーワードを含める。 ターゲツトキーワードはサブタイトルに入れてもよい。
サイト名と、ト ップぺ ージのデザインは、サイトの顔といえます。サイト名を考えるときには、サイトのコンセプ卜が伝 わるか ?独自性はあるか ? 覚えてもらいやすいか?など、様々なことを勘案すると思います。ブランド重視の戦略を取るような場合は、新たな造語を考えることも多いでしよう。 SEO対策の観点からは、次の2つのポイントを押さえてサイト名を決定することをおすすめします。

サイト名を決める2つのポイント
メインのターゲットキーワードを含める 1点目は、サイト名にメインのターゲットキーワー ドを含めるということです。たとえば、ブランド古着の買取を行う サイトであれば、「ブランド古着高額買取のOO 」といった名前にします。こだわりがあってどうしてもキーワードを含められないような場合には、 OO~ ブランド古着を高額買取~といったようにサブタイトルをつけ、 ワードを含めるとよいでしょう。 一般的すぎる名称にしてしまうと、ユーザーの印象に残りづらいばかりか、サイト名で検索をかけても上位に表示されないという状態になってしまいます。 仮に、蕎麦屋を開店したので「蕎麦屋jというサイト名にしたとしましょう。蕎麦屋というキーワ ードで検索をすると、上位には食べ口グやぐるなびなどのポータルサイトや、Wikipedia などのSEO対策的に強力なサイトばかりが表示されます。この中で上位に食い込んでいくのはかなり困難で、こうしたサイト名にしてしまうと指名で検索してくれている ユー ザーですらサイトにたどりつけなくなり、機会損失が大きくなります。こうした事態を避けるために、 一般的すぎる名称は避けた方 がよいです。

オリジナリティの乏しいぺー ジは評価が低く、そのようなぺージばかりのサイトは全体が低品質とみ なされる という点を前提に考えてください。たとえば、商品点数が1 万点あるサイトで、一覧ぺージには10 商品ずつ表示されるとします。 そうすると、商品が並んだだけのぺージが1000 ぺージできてしまいま す。これにカテゴリでの分類や、価格順でソー卜した結果などを含めると、あっという間に数万単位の「似たようなぺージ」ができあがってしまうのです。
一覧ページの割合を把握する サイトを設計する際には、一覧ページがどのように、何ページくらい 生成されるのかをイメージしてください。一覧ぺージがサイト全体の大 部分を占めてしまう場合には、 noindex やcanonical での対策を考えた 方がよいでしょう。

オリジナル のテキストを入れた枠を設置することで、ただの一覧ではなく、プラスアルファのユニーク性を持たせることができます。 通販サイトだけでなく、エリア別の検索結果が無数に生成されるポー タルサイトでも、頻繁に用いられているテクニックです。 そうはいっても、無数にある一覧ぺージのすべてにテキストを設置す るのは困難な場合もあるでしょう。そのような場合は、優先順位をつけ て重要なぺージだけでも設置しましょう。

ユーザーと検索エンジンに内容を伝える title タグとは、ぺージの内容をユーザーと検索エンジンに伝える役割を持つタグです。 1つの Web ぺージを書籍にたとえるとしたら、背表紙の書名にあたります。検索結果ぺージを本屋とイメ ージしてみましょう 。そこにはずらりと本が並んでいます。そんなとき、あなたならどうやって目当ての本を選ぶでしょうか。背表紙の書名を見て、自分が求めているものにマッチしていそうかどうか判断しているはずです。 これと同様に、検索エンジンにとってはtitle タグが書名の役割を果 たします。 title タグをチェックして、そのWeb ぺージに含まれているコンテンツの内容を判断する重要な材料としているのです。 また、検索結果に表示されるサイズの大きなテキストも、 title タグがそのまま使われることが多いです 。title タグの記述方法 title タグは、 HTML のヘッダー内に下記のように記述します。

PICK UP:格安SEO対策の東京SEOメーカー|グーグル検索上位でWEB集客成功