SEO対策 「ツール」

ウェフ、マスターツールの活用

Yandexにもウェブマスターツールがあります。前項などで紹介した、TCI数値の確認や検索結果への連絡先、料金の表示などのほか、サイトマップの登録、エラ一ページの発見、リンク分析などが行えます。

利用するには、Yandexが発行する任意のHTMLタグをウェブサイトに張り付けて、サイトオーナーの確認作業を行う必要があります。

Yandexへのインテ‘ックス登録

登録することで、インデックスされるスピードがアップします。ただし、インデックスされるかどうかはYandexの判断基準によるため、申請をしても必ず登録されるというわけではありません。また、検索エンジンのランキングにもまったく影響はありません。

試しに、当社のウェブサイトをYandexに登録してみました。日本語、英語、中国語で、作っているのですが、きっちり英語のページのみがYandexにインデックスされています。このようにYandexはロシア語または、英語のウェブサイトでないとインデックスしないようです。

アクセス解析ツール「VandexMetrika」

Yandexは独自の無料アクセス解析ツールを提供しています。無料で利用可能です。基本的な解析機能はほとんど入っているため、ロシア版のGoogleAnalyticsと考えていいでしょう。興味があれば使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です